前へ
次へ

痛みがなくなった虫歯も歯医者で治療すべき理由

虫歯は特別甘い食べ物等を食べていなくても発症する事があるので、多くの方が経験する病気です。基本的に人間は毎日食事をしますから、歯を頻繁に使用する事になり、その分だけ歯には負担が発生しています。虫歯は初期の段階では痛みが無いので、気づかずに象牙質の部分まで進行してしまう事があります。その段階で歯医者を利用すれば、軽い詰め物等をするだけでトラブルを解消できますが、仕事が忙しい等で放置をしてしまうと更に症状が進行していくので、注意が必要です。象牙質から更に虫歯が進行すると、神経に到達してしまうので、激しい痛みが発生します。この段階になると耐えられなくなるので多くの方が歯医者を頼りますが、ここで我慢をしてしまうと歯が虫歯菌によって無くなってしまい、歯根だけが残った状態になります。歯根だけ残った状態になると痛みが無くなりますが、虫歯菌の増殖は止まらずに膿が溜まったりするので、非常に危険な状態になってしまいますから、膿を取り除く治療等を歯医者で受ける事が大切です。

Page Top