前へ
次へ

歯医者に行くきっかけになったこと

誰しも、歯医者に行くのが大好き、という人はいないと思います。私も歯医者をこわく感じてしまうタイプで、なるべく行きたくない、虫歯になったらどうしようと常に不安でした。もしもう虫歯になってしまっていたらどうしよう、という不安もいつもありました。そんな時、知り合いが「兄が歯科衛生士なのもあり、自分も三ヶ月に一度歯医者に行っている、自分の歯を管理できているという感覚は、とても快適だ」と話してくれました。そのお兄さんは、自分の子どもにも正しい歯磨きをきちんと教え、週に2度フロスをしてあげるのだそうです。小さい頃から歯の管理を教え込まれていれば、きっと健康な歯と歯茎を保てるだろうなと羨ましくなりました。そして「自分も歯の管理をきちんとできるようになりたい」と考えるようになったのです。その頃ちょうど、通いやすい立地で雰囲気の良いクリニックができ、勇気を出して診察の予約をしてみました。この行動ができただけでも、気分が良かったです。

Page Top